職員向け

iDeCo(イデコ)

自分で決めた額(掛け金)を積み立てて、自分で運用し、資産を形成する年金制度です。公的年金にプラスできる「もうひとつの年金」で、国民年金や厚生年金と組み合わせることで、より豊かな老後生活を送るための一助となります。更に大きな税制優遇も受けることができます。

iDeCoの加入資格と掛け金について

20歳以上60歳未満の全ての方(一部対象外あり)

以下の通り、対象者ごとに掛け金の拠出限度額が異なります。

自営業者等(国民年金第1号被保険者) 月額 68,000 円
厚生年金保険の被保険者(国民年金2号被保険者)
  • 勤務先の企業年金の加入状況により異なります
月額 12,000円 ~ 23,000 円
専業主婦(夫)等(国民年金第3号被保険者) 月額 23,000 円

掛け金を60歳になるまで拠出し、60歳以降に年金や一時金として受け取ることができます。

特長

1
掛け金が全額所得控除
掛け金が全額所得控除されるので、課税所得が減り、所得税と住民税が軽減されます。
税金がどれだけ控除されるか計算できますかんたん税制優遇シミュレーション(iDeCo公式サイト)
  • 税率は加入者の適用税率によって異なります
2
運用益はすべて非課税
一般的な金融商品では運用益に対して原則課税されますが(源泉分離課税20.315%)、iDeCoでは運用益が全て非課税となります。
3
受け取り時も税制優遇
年金として受け取る際には「公的年金等控除」、退職金として受け取る際には「退職金所得控除」が適用され、一定額までは税金がかかりません。

給付(受取方法)について

iDeCoの年金資産は、老齢給付金として原則、60歳から受け取ることができます。
また、受取方法は以下の3パターンから選択可能です。

1
一時金として一括で受け取る
受給権が発生する年齢(原則60歳)に到達したら、70歳になるまでの間に、一時金として一括で受け取ることができます。
2
年金として受け取る
iDeCoを年金で受け取る場合は有期年金(5年以上20年以下)として取り扱います。
受給権が発生する年齢(原則60歳)に到達したら、5年以上20年以下の期間で、運営管理機関が定める方法で受け取ることができます。
3
一時金と年金を組み合わせて受け取る
受給権が発生する年齢(原則60歳)に到達した時点で一部の年金資産を一時金で受け取り、残りの年金資産を年金で受け取ることができます。